書籍一覧

BLOOD×INTRUDER ~密夜の贄~

BLOOD×INTRUDER ~密夜の贄~ 表紙イメージ

[著者] 菜波/ルシヴィオ

少年の唇が微笑む。
そこから覗いた尖った犬歯が鋭利な輝きを放つが、それはすぐに青年の首筋へと埋め込まれた。
熱い痛みに青年の表情がしかめられる。だがその次に流れ込んだのは、内側から支配する恍惚だった。
理性が、黒い瞳から消えていく。煤色だった左目が黒へと染まった。
魔法を消し去る破術の瞳が失われていく。劣情の燃え上がりを消し去ることができないのは、体内に流し込まれたそれが魔法ではないからだ──吸血鬼(ヴァンパイア)の種。

人間(ひと)を吸血鬼の贄(にえ)へと変えるための、呪いだ。

価格:300円(+税)