HOME > 書籍一覧 > 趣味 > ペット > 猫のアールの気持ち(...

書籍一覧

猫のアールの気持ち(3)

猫のアールの気持ち(3) 表紙イメージ

[著者] 良歌の宮・こころ

猫のアールは女の子。でも体がとても小さなアメリカンショートヘアーだった。
大人の女性へと成長するにつれ、発情期がやってきた。アールの発情の様子は可愛いかった。人間の私がその様子を見ていても、とても色っぽいものだった。だけどアールには妊娠の予定はなかった。発育不全と言われるぐらいの体では、妊娠や出産は難しいと言われたからだ。そのアールの子宮が膿でいっぱいになり、アールは苦しんだ。
結果、アールは子宮摘出手術をすることとなった。
とても賢い猫で、状況をしっかりと把握して手術に向っていった。いじらしくて愛おしいくて、心配でたまらなかった。

価格:200円(+税)